ソフト闇金の組織

ソフト闇金と表現は穏やかな感じですが、紛れもない闇金ですから違法営業をしています。
もちろん、ソフト闇金のサイトにも明確に違法サイトであると認めているようです。
それでもソフト闇金を利用する人がいるのは現実です。
つまり、借り入れ先を深く確認することもできず、お金を貸してもらうしかない状況に陥っているのでしょう。
ソフト闇金は違法ですが、それを利用する人がいなくならない限り永久になくなることはありません。
法律が改正されても、その抜け穴を探している人たちがいるからです。
ソフト闇金と呼ばれるようになってから、手口はさらに巧妙になっています。
インターネットを利用することで摘発しにくくなっていることも大きな要因です。
ソフト闇金を行っている人たちは大きな組織ではなく、数人でグループを作っていると考えられていますが、ソフト闇金でお金を借りて返せなくなった人を仲間に引き入れることも行われているようです。
つまり、ソフト闇金に手を出してしまうと、犯罪者の片棒を担がされてしまうのです。
お金に困っていて、誰にも相談できない人が増えていることは間違いありませんから、闇金絡みの犯罪は年々増加傾向にあります。
金融庁の調査が公表されています。
インターネットのホームページを見ると親切な貸金業者のように見えますが、それはごく表面的な部分だけです。
見ず知らずの人に何の保証もなくお金を貸してくれる人などいるわけでないでしょう。
そのことを常に考えておかなければなりません。
詐欺に遭った人の話とよく似ています。
自分が詐欺に遭うことはないと思っている人ほど、実は詐欺師にだまされやすいのです。
また、ソフト闇金の組織はメンバーが直接会って話をしているわけではなく、メールやLINEでのやり取りだけですから、その点も摘発を逃れやすくしている要因です。
どれだけ調査をしても犯人グループにたどり着くことができないのでしょう。
つまり、公表されている被害件数は氷山の一角と思わなければなりません。
法を犯してもかまわないと考えている人たちですから、そのような人と接点を持つことは避けなければなりません。
借金を返すこともできず、人生を棒に振ってしまうことになります。

ソフト闇金の仕組み

ソフト闇金の仕組みはお金を借りたことがある人ならある程度想像できるでしょう。
まず、闇金と称されていますから違法性が高いと考えて間違いありません。
そして、ソフトと表現されていますが、それは暴力団ややくざのようなこわもての人が取り立てに迫ってくるわけではない点です。
もちろん、違法な貸付ですからまともな利子ではありません。
利率を聞いただけで明らかに違法な数字になっていますし、貸金業者として登録していないのに実際の会社を名乗るケースも少なくありません。
明らかな詐欺と言えるでしょう。
このようなソフト闇金を提供しているサイトがたくさんありますが、違法性をわかっていても利用する人います。
その理由を考えてみましょう。
まず、闇金を利用しなければならない状況とは銀行やクレジットカード会社からの借り入れができなくなっている人が、どうしてもお金が必要となった時に闇金を利用してしまうのです。
ここで必要となるお金とは何の目的でしょうか。
クレジットカード会社は返済しないと手紙や電話で督促をしますが、相手を脅したりするようなことはありません。
もちろん、返済しなければいつまでも督促は続きます。
貸金業を仕事にしているのですから、督促には違法性はありません。
ただ、ソフト闇金になると通常の闇金と同じように強引な督促を迫ってきます。
自分だけではなく家族や会社への督促も当たり前です。
利用している人は会社や家族に知られたくないと思っているようですが、闇金を利用した時点で知られてしまうと思っておかなければなりません。
つまり、大きな判断誤りをしているのです。
なぜ、人がそのような気持ちになってしまうのかは明確ではありませんが、人によって違うことはなく、同じような状況になってしまうのです。
人の心理状態は大きな恐怖があると正常な判断ができなくなっていて、ソフト闇金を利用した後のことを考えられなくなります。
金融庁や消費生活センターがソフト闇金に関する警告を頻繁に発していますが、残念ながら利用者の頭には入ってこないのです。
ソフト闇金業者はその心の動きを利用していると言えるでしょう。
結果的にはソフト闇金を利用して借金が増えてしまいますし、仕事を辞めなければならないでしょう。